小型耕運機 修理 2 ヤンマー FP35 フロント ポチ (エンジンスイッチ破損故障) 修理完了!

小型耕運機 修理 2 ヤンマー FP35 フロント ポチ (エンジンスイッチ破損故障) 修理完了!

修理内容詳細

今回の修理の為にスナップスイッチ(トグルスイッチ)、金ヤスリ、半田、コードを購入しました。

地元のスーパービバホームの電気工作売場?でスナップスイッチ(トグルスイッチ)とコード、金ヤスリと半田は工具売場で購入しました。

全部で1100円くらいです。

半田ごて等は自分達で用意した物です。↓

↓エンジンスイッチとなる、スナップスイッチ(トグルスイッチ)。

↓耕運機から伸びている配線ともう片方は本体でアースを取る感じです。

半田付けしました。

基本的にスイッチOFFでエンジン始動でスイッチONでエンジン停止になるのでスイッチの表示も逆にしました。

↑スイッチ取り付ける際にパネルのスイッチ穴が小さかったので、スイッチ穴を広げるために金ヤスリを使いスイッチ穴を広げました。

↑緑のコードはパネルとトグルスイッチの間に巻く形で取り付けました。

↑取り合えずスイッチ取り付けに配線完了!

↑本体にパネルを取り付けた所です。

動作確認で全く問題なくエンジン始動、停止が出来るようになりました。

配線むき出しなのと、スイッチも防水では無いので劣化や耐久性は純正品に劣ると思いますが、機能的には問題なく動作しています。

ボランティアの方と二人で作業を行いましたが、詳しい方なので頼もしかったです。

工具も貸して頂いて助かりました。